Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 制度会計 » 計算書類作成に関する“うっかりミス”の事例と防止策 【第4回】「不要な「行」と「列」の削除忘れ」

計算書類作成に関する“うっかりミス”の事例と防止策 【第4回】「不要な「行」と「列」の削除忘れ」

筆者:石王丸 周夫

文字サイズ

計算書類作成に関する

“うっかりミス”の事例と防止策

【第4回】

「不要な「行」と「列」の削除忘れ」

 

公認会計士 石王丸 周夫

 

1 今回の事例

計算書類のドラフトには、うっかりミスがつきものです。
たとえば、こんなミスをよく見かけます。

【事例4-1】
連結株主資本等変動計算書に、数値の入っていない「行」が残されている。

【事例4-1】赤い太線で囲んだところをご覧ください。
「新株の発行」という行です。合計欄に「-」(バー)が表示されている以外は、何も入力されていません。

「新株の発行」とは増資のことです。当連結会計年度中に増資がなされた場合は、「新株の発行」という行を設けて、数値を入力します。

この事例では、「新株の発行」の行に数値が何も入力されていないことからもわかるように、増資はありませんでした。その場合は、「新株の発行」という行は不要になるので、行を削除しなければなりません。にもかかわらず、削除を忘れてしまったというミスです。

このようなミスについては、気づいた時点で直せばよいと思っている人も多いでしょう。しかし、ミスに気づくためには知っておくべきこともあります。

実はこのミス、起こるべくして起こったものです。
株主資本等変動計算書(連結・個別)では、このミスがよく起きているのです。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

計算書類作成に関する“うっかりミス”の事例と防止策

▷2015年掲載
▷2016年掲載
▷2017年掲載
▷2018年掲載
▷2020年掲載
このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 制度会計 » 計算書類作成に関する“うっかりミス”の事例と防止策 【第4回】「不要な「行」と「列」の削除忘れ」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home