公開日: 2024/04/04 (掲載号:No.563)
文字サイズ

〈事例から理解する〉税法上の不確定概念の具体的な判断基準 【第16回】「所得税法上の「非居住者」の該非」

筆者: 大橋 誠一

〈事例から理解する〉

税法上不確定概念具体的判断基準

【第16回】

「所得税法上の「非居住者」の該非」

 

公認会計士・税理士 大橋 誠一

 

1 大阪国税不服審判所平成29年1月23日裁決(TAINSコード:F0-1-763)

(1) 事実関係の概要

 審査請求人(請求人)は、過去に勤務先がA国に設立した現地法人であるB社の役員を務めていたが、平成16年頃に退職し、その後は特定の職業に就いていなかった。

 請求人は、平成25年及び平成26年(本件各年)を含むその前後の年において日本及びA国に滞在し、それぞれの合計滞在日数は、平成25年において日本102日・A国259日・他国4日、平成26年において日本212日・A国153日であった。

 請求人は、A国のリタイアメントビザを取得して長期滞在型ホテルの一室に単身で起居するとともに、日本においては生計を一にする妻が居住する肩書住所地に起居していた。

 請求人は、日本の公的年金及び日本の証券会社とのインターネットを利用した有価証券取引によって収入を得ていた。

 請求人は、肩書住所地の不動産を所有し、主要な金融資産を日本に所在する銀行の支店において開設した預金口座及び上記証券取引口座に預ける一方、国外資産はほとんど有していなかった。

 請求人は、肩書住所地を自己の住所とする国民健康保険に加入して、必要の都度に日本に滞在し、それ以外の期間はA国に滞在していた。

 請求人は、平成25年の所得税の確定申告書に肩書住所地を記載して提出したが、平成26年については無申告であった。

 原処分庁は、日本にある肩書住所地が請求人の住所地であり、請求人は居住者であるとして、所得税の更正決定処分及び加算税の賦課決定処分をした。

この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム
会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム
会員のご登録をおすすめします。
プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

〈事例から理解する〉

税法上不確定概念具体的判断基準

【第16回】

「所得税法上の「非居住者」の該非」

 

公認会計士・税理士 大橋 誠一

 

1 大阪国税不服審判所平成29年1月23日裁決(TAINSコード:F0-1-763)

(1) 事実関係の概要

 審査請求人(請求人)は、過去に勤務先がA国に設立した現地法人であるB社の役員を務めていたが、平成16年頃に退職し、その後は特定の職業に就いていなかった。

 請求人は、平成25年及び平成26年(本件各年)を含むその前後の年において日本及びA国に滞在し、それぞれの合計滞在日数は、平成25年において日本102日・A国259日・他国4日、平成26年において日本212日・A国153日であった。

 請求人は、A国のリタイアメントビザを取得して長期滞在型ホテルの一室に単身で起居するとともに、日本においては生計を一にする妻が居住する肩書住所地に起居していた。

 請求人は、日本の公的年金及び日本の証券会社とのインターネットを利用した有価証券取引によって収入を得ていた。

 請求人は、肩書住所地の不動産を所有し、主要な金融資産を日本に所在する銀行の支店において開設した預金口座及び上記証券取引口座に預ける一方、国外資産はほとんど有していなかった。

 請求人は、肩書住所地を自己の住所とする国民健康保険に加入して、必要の都度に日本に滞在し、それ以外の期間はA国に滞在していた。

 請求人は、平成25年の所得税の確定申告書に肩書住所地を記載して提出したが、平成26年については無申告であった。

 原処分庁は、日本にある肩書住所地が請求人の住所地であり、請求人は居住者であるとして、所得税の更正決定処分及び加算税の賦課決定処分をした。

この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム
会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム
会員のご登録をおすすめします。
プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

連載目次

〈事例から理解する〉
税法上不確定概念具体的判断基準

【参考記事】
「〔顧問先を税務トラブルから救う〕不服申立ての実務」(全20回)

筆者紹介

大橋 誠一

(おおはし・せいいち)

公認会計士(平成16年第二次試験合格)・税理士(平成7年5科目合格)。

有限責任監査法人トーマツ・デロイトトーマツ税理士法人を経て、平成26年から大阪国税不服審判所国税審判官として相続税等の審査請求事件の調査・審理に従事。
退官後、相続税専門の税理士法人チェスター審査部部長を経て、現在は不服申立代理人業務・相続税を中心とした審理業務(提出前の相続税申告書の審査件数は年間300件を超える)、弁護士等と協働した相続対策業務、執筆業務等に従事している。

【著書】
相続専門税理士法人が実践する 相続税申告書最終チェックの視点』(共著 清文社)
 

関連書籍

税務・労務ハンドブック

公認会計士・税理士 菊地 弘 著 公認会計士・税理士 井村 奨 著 税理士 山口光晴 著 特定社会保険労務士 佐竹康男 著 特定社会保険労務士 井村佐都美 著

【紙書籍+電子[1ID]セット版】令和6年度版 税務コンパクトブック

株式会社プロフェッションネットワーク 編著

令和6年度版 税務コンパクトブック

株式会社プロフェッションネットワーク 編著

【電子書籍版】令和6年度版 税務コンパクトブック

株式会社プロフェッションネットワーク 編著

演習所得税法

公益社団法人 全国経理教育協会 編

事例で解説 法人税の損金経理

税理士 安部和彦 著

事例で学ぶ暗号資産・NFT・メタバースの会計税務Q&A70選

税理士 延平昌弥 著 税理士 山田誠一朗 著 税理士 髙橋健悟 著 税理士 藤原琢也 著 税理士 田村光裕 著 税理士 山中朋文 著

住宅ローン控除・住宅取得資金贈与のトクする確定申告ガイド

みどり税理士法人 税理士 塚本和美 著

税理士のための確定申告事務必携

堀 三芳 著 勝山武彦 著

所得税実務問答集

椿 健一 編

【電子書籍版】申告所得税取扱いの手引

公益財団法人 納税協会連合会 編集部 編

申告所得税取扱いの手引

公益財団法人 納税協会連合会 編集部 編

個人の税務相談事例500選

松本智香子 編
#