Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 印紙税 » 〈Q&A〉印紙税の取扱いをめぐる事例解説 【第57回】「借地権譲渡契約書」

〈Q&A〉印紙税の取扱いをめぐる事例解説 【第57回】「借地権譲渡契約書」

筆者:山端 美德

文字サイズ

〈Q&A〉
印紙税の取扱いをめぐる事例解説

【第57回】

「借地権譲渡契約書」

 

税理士・行政書士・AFP
山端 美德

 

【問】

借地権を譲渡することについての契約書を作成しましたが、課税文書に該当しますか。

借地権譲渡契約書

〇年〇月〇日

〇〇〇〇(以下「甲」という。)と土地の所有者〇〇〇〇(以下「乙」という。)及び土地の借地権者〇〇〇〇(以下「丙」という。)との間で借地権譲渡契約を締結する。

第1条 丙は、下記の対象となる土地に有する借地権を甲に譲渡し、甲はこれを譲り受ける。
 土地:〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目〇番地〇号

第2条 甲は、譲り受ける借地権の代金として金6,000,000円を丙に支払う。
 代金の支払いは契約締結後手付金として1,500,000円を、残金は土地の引渡しが乙から甲へなされた後にそれぞれ丙の請求により支払うものとする。

第3条 乙は、第2条に定める事項について、これを無条件で承認する。

( 中 略 )

本契約書を証するため、本証書3通を作成し、署名押印のうえ、各自1通を所持するものとする。

甲: 〇〇〇〇 (印)
乙: 〇〇〇〇 (印)
丙: 〇〇〇〇 (印)


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

〈Q&A〉印紙税の取扱いをめぐる事例解説

【第1回】~【第50回】

【第51回】~

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 山端 美德

    (やまはた・よしのり)

    税理士、行政書士、ファイナンシャルプランナー(AFP)

    国税庁事務管理課、東京国税局消費税課等を経て
    2008年 税理士登録
    2010年 行政書士、ファイナンシャルプランナー(AFP)登録

    【著書等】
    ・『文書類型でわかる 印紙税の課否判断ガイドブック』(清文社) 本誌連載を単行本化!!
    ・『徹底ガイド 国税 税務申請・届出手続のすべて』共著(清文社)
    ・『建設業・不動産業に係る印紙税の実務』(税務研究会)
    ・『間違うと痛い!! 印紙税の実務Q&A』共著(大蔵財務協会)
    ・『税制改正経過一覧ハンドブック』 共著(大蔵財務協会)
    ・『経営に活かす税務の数的基準』 共著(大蔵財務協会)

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 印紙税 » 〈Q&A〉印紙税の取扱いをめぐる事例解説 【第57回】「借地権譲渡契約書」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home