Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 法人税 » 〔税の街.jp「議論の広場」編集会議 連載32〕 分社後の事業譲渡スキームに関する税務・会計処理

〔税の街.jp「議論の広場」編集会議 連載32〕 分社後の事業譲渡スキームに関する税務・会計処理

筆者:武田 雅比人

文字サイズ

〔税の街.jp「議論の広場」編集会議 連載32〕

分社後の事業譲渡スキームに関する

税務・会計処理

 

公認会計士・税理士 武田 雅比人

 

当社は、100%子会社A社の一部の事業を、当社と資本関係のないC社に譲渡することとしました。

権利義務が包括的に移転するメリットを考慮し、A社が新設分社型分割によりB社を設立し、分割後直ちにB社株式をC社に譲渡する方法を採用することとし、その合意内容をA社とC社は契約により明確にします。分割後の関係ですが、当社やA社が、B社やC社の経営に関係することはありません。

A社の決算期は3月31日ですが、このスキームに関する会計処理や法人税法の取扱いを説明してください。

(スキームの概要)

① 2014年4月1日:A社はB社を新設分社型分割により設立する。

② 2014年4月1日:設立登記申請後、直ちにB社株式をC社に譲渡する。

③ B社株式譲渡価額と代金支払:当事者が同意した評価方法に基づき資産負債を評価して譲渡価額を決定するものとし、譲渡後2ヶ月以内にC社がB社を精査のうえ確定させる。支払いは株式譲渡時に10%、譲渡代金確定時に80%、譲渡2年後に10%とする。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

〔税の街.jp「議論の広場」編集会議〕 第1回~第50回

〔税の街.jp「議論の広場」編集会議〕 第51回~

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 武田 雅比人

    (たけだ まさひと)

    公認会計士・税理士

    昭和48年3月 東北大学工学部電気応用物理学科 中退
    昭和55年3月 公認会計士登録
    昭和59年4月 税理士登録

    昭和59年1月~ 武田公認会計士事務所

    【著書】
    『自己株式の会計と税務』共著(新日本法規)
    『株式交換・移転の法務と税務』共著(ぎょうせい)
    『連結納税の計算と理論』共著(清文社)
    『Q&A 連結納税の実務』共著(新日本法規)
    『会社合併実務必携』共著(法令出版)
    『自社株評価Q&A』共著(清文社)
    『Q&A自己株式の実務』共著(新日本法規)
    『Q&A株主資本の実務』共著(新日本法規)
    『新公益法人の実務ハンドブック』共著(清文社)
    ほか

    【事務所】
    仙台市青葉区国分町2-14-24 仙台松井ビル
    TEL 022-268-7557
    FAX 022-268-7557

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 法人税 » 〔税の街.jp「議論の広場」編集会議 連載32〕 分社後の事業譲渡スキームに関する税務・会計処理

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home