Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 相続税・贈与税 » 〔税の街.jp「議論の広場」編集会議 連載15〕 事業承継税制と認定(贈与)承継会社の合併

〔税の街.jp「議論の広場」編集会議 連載15〕 事業承継税制と認定(贈与)承継会社の合併

筆者:内藤 忠大

文字サイズ

〔税の街.jp「議論の広場」編集会議 連載15〕

事業承継税制と

認定(贈与)承継会社の合併

 

税理士 内藤 忠大

 

事業承継税制(措法70の7から70の7の4)は、会社の経営権を委譲するために、現経営者から後継者へ非上場株式を移転したときに課税される贈与税・相続税の納税を猶予する制度である。

事業承継の円滑化に資すること、事業の継続・発展を通じた雇用の確保と地域経済の活力を維持することという政策目的を達成するため、制度適用時以後、納税が免除されるまで、多くの要件が定められている。一つでも要件を満たさなければ納税猶予の期限が確定、つまり納税猶予は打ち切られ、猶予中贈与税額・猶予中相続税額を納税することになる。

認定(贈与)承継会社が消滅することは納税猶予の打切り事由であるが、これには合併による消滅も含まれる。合併により納税猶予が打ち切られれば、認定(贈与)承継会社は合併を躊躇することにもなり、結果的に雇用確保や地域経済の活力維持という目的も達成できなくなることもありえる。

そこで、合併後も経営承継受贈者・経営承継相続人等が合併法人の株主として合併法人の経営に従事している場合には、認定(贈与)承継会社は経営を継続していると考えることもできるため、合併法人が合併効力発生日において一定の要件に該当することについての経済産業大臣の確認を受けたときは、その合併効力発生日に特別贈与認定中小企業者又は特別相続認定中小企業者の地位の承継(認定の承継)をしたものとみなされ(円滑化規10(1)ただし書、(2)ただし書)、「認定の承継」がされた場合は、税務上も納税猶予を継続させる制度設計になっている。

中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律(以下「円滑化法」)における「認定の承継」を受けるためには、合併対価は合併法人株式のみであることが必要である。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

〔税の街.jp「議論の広場」編集会議〕 第1回~第50回

〔税の街.jp「議論の広場」編集会議〕 第51回~

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 内藤 忠大

    (ないとう ただひろ)

    税理士

    平成 5年  3月 神奈川大学経済学部経済学科卒業
    平成 7年  9月 大原簿記専門学校横浜校入社
    平成11年 9月 神野博史会計事務所入所
    平成13年10月 内藤忠大税理士事務所開設

    【主な著書】
    『改訂増補 実践/一般社団法人・信託 活用ハンドブック』(清文社、共著)
    速報版 税理士が押さえておきたい 民法相続編の改正』清文社(共著)
    『法人税の純資産~法人税法施行令8条・9条口述コンメンタール』(中央経済社、共著)
    『税理士が実務で直面する税務判断厳選20事案解決法』(大蔵財務協会、共著)
    『法人税制改正詳解2011-2012』(清文社、共著)
    『実務目線からみた事業承継の実務』(大蔵財務協会、共著)

    【事務所】
    〒441-8117 愛知県豊橋市浜道町管石3-11
    内藤忠大税理士事務所
    電話 0532-38-5726
    FAX 0532-46-5660
    URL http://www.mars.dti.ne.jp/tyutyu62/

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 相続税・贈与税 » 〔税の街.jp「議論の広場」編集会議 連載15〕 事業承継税制と認定(贈与)承継会社の合併

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home