Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 法人税 » 〔税の街.jp「議論の広場」編集会議 連載38〕 民事再生法において資産評定がある場合とない場合

〔税の街.jp「議論の広場」編集会議 連載38〕 民事再生法において資産評定がある場合とない場合

筆者:長岡 栄二

文字サイズ

〔税の街.jp「議論の広場」編集会議 連載38〕

民事再生法において資産評定がある場合とない場合

 

税理士 長岡 栄二

 

民事再生法による再生手続開始の決定を受け、財産評定の作成に着手しています。
民事再生等では、資産評定がある場合とない場合で、欠損金等の取扱いに違いがあるといわれていますが、どのような違いがあるのでしょうか。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

〔税の街.jp「議論の広場」編集会議〕 第1回~第50回

〔税の街.jp「議論の広場」編集会議〕 第51回~

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 長岡 栄二

    (ながおか えいじ)

    税理士

    平成5年 税理士登録
    平成8年 長岡栄二税理士事務所開業

    【著書】
    ・『税理士・会計士・社長の疑問に答える新会社法の実務Q&A』清文社 共著
    ・『徹底解明 会社法の法務・会計・税務』清文社 共著
    ・『実践 LLPの法務・会計・税務 設立・運営・解散』新日本法規出版 共著
    ・『税理士のための相続をめぐる民法と税法の理解』ぎょうせい 共著
    ・『事業承継の法律実務と税務Q&A』青林書院 共著

    【事務所】
    102-0074 東京都千代田区九段南3-5-2 九段南3丁目ビル3階
    長岡栄二税理士事務所
    電話 03-5357-1378
    FAX 03-5357-1379

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 法人税 » 〔税の街.jp「議論の広場」編集会議 連載38〕 民事再生法において資産評定がある場合とない場合

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home