Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第1話】「書面添付(その1)」~意見聴取後の修正申告~

〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第1話】「書面添付(その1)」~意見聴取後の修正申告~

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

〈小説〉

資産課税第三部門にて。』

【第1話】

「書面添付(その1)」

~意見聴取後の修正申告~

公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

-はじめに-

本連載は、税務署の「資産課税部門」内での出来事を執筆したものであり、資産課税部門が行う税務調査等について、どのような議論がされているのかを中心として、分かりやすく紹介していく。
なお、本連載の内容はフィクションであり、登場する人物や団体等は、実在のものとは一切関係ないことを予めお伝えしておく。

「おい、谷垣君!」

田中統括官が谷垣調査官を呼んだ。

昨年7月の人事異動で、谷垣調査官は、河内税務署資産課税第三部門に配属された。
谷垣調査官は、国専(国税専門官採用)40期生である。

「法人課税部門からこんな資料をもらったんだけど。」

田中統括官はそう言いながら、資料を谷垣調査官に見せた。

「何ですか?」 谷垣調査官は、資料を見ながら尋ねた。

「見れば分かるだろう。」 田中統括官は、少し怒ったように言った。

「法人課税部門の調査結果だよ。」


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

〈小説〉『所得課税第三部門にて。』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第1話】「書面添付(その1)」~意見聴取後の修正申告~

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home