Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第7話】「未分割遺産とその法定果実」

〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第7話】「未分割遺産とその法定果実」

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

〈小説〉

資産課税第三部門にて。』

【第7話】

「未分割遺産とその法定果実」

公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

「田中統括官!」

田中統括官が顔を上げると、谷垣調査官が相続税の申告書を持ち、机の前に立っている。

「???」

田中統括官は、重そうな瞼で谷垣調査官を見た。
午後3時過ぎの睡魔が忍び寄る時刻である。

「何だい?」 田中統括官は谷垣調査官の真剣な眼差しに一瞬戸惑う。

「実は個人課税部門から質問があったのですが・・・」 谷垣調査官はそう言うと、右手に持った相続税の申告書を田中統括官に見せた。

「この相続税の申告書は未分割で提出されているのですが・・・」

相続税の申告書を見ながら田中統括官はうなずく。

「そんなことは申告書を見れば分かる・・・それで一体、どうしたっていうんだ。」 谷垣調査官の質問の意味が理解できず、田中統括官の声が苛立っている。

「この未分割の相続財産の中に、賃貸マンションがあるのです。」


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

〈小説〉『所得課税第三部門にて。』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第7話】「未分割遺産とその法定果実」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home