Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第11話】「受益者等のいない信託」

〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第11話】「受益者等のいない信託」

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

〈小説〉

資産課税第三部門にて。』

【第11話】

「受益者等のいない信託」

公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

「信託課税ってなかなか難しくて・・・おまけに、その課税の仕組みにおかしなところがありますよね。」

谷垣調査官は向かい合って座っている田中統括官に話しかけた。2人は河内税務署の地下にある食堂でランチBを食べている。正午の税務署の食堂はごった返している。

ランチBの価格は480円だが、その内容は近所のレストランで食べる800円程度の定食にもひけをとらない。むしろこのランチBの方が量も多く、しかも美味しいと評判だ。河内税務署の食堂では、550円のランチAよりも人気が高い。

「どこがおかしいんだ?」 田中統括官はナイフを使って丁寧にハンバーグを切りながら尋ねた。

「ええ・・・特に受益者等のいない信託のケースなんですけど・・・」
谷垣調査官は豆腐の入ったみそ汁を啜りながら答える。

「統括官もご存じのように、受益者等がいない信託は、受託者に課税するということになっているでしょう?」


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

〈小説〉『所得課税第三部門にて。』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第11話】「受益者等のいない信託」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home