Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第13話】「認知症と相続債務」

〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第13話】「認知症と相続債務」

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

〈小説〉

資産課税第三部門にて。』

【第13話】

「認知症と相続債務」

公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

「あの、統括官・・・納税者から電話で質問があったのですが・・・」

谷垣調査官は、田中統括官の机の前に立っている。

「納税者?」

資産税の調査報告書を読んでいた田中統括官は顔を上げた。

「ええ、相続債務についてなんですけど・・・」 谷垣調査官は少し困ったような表情を浮かべている。

「難しい質問なのかい?」 田中統括官は優しく尋ねる。

「それが・・・認知症の人の債務になるかどうか、というもので・・・」 谷垣調査官は電話のメモを見ながら応えた。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

〈小説〉『所得課税第三部門にて。』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第13話】「認知症と相続債務」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home