Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第19話】「家族信託と贈与税納税義務」

〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第19話】「家族信託と贈与税納税義務」

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

〈小説〉

資産課税第三部門にて。』

【第19話】

「家族信託と贈与税納税義務」

公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

「ところで統括官、家族信託って、そんなに流行っているのですか?」
昼食後の雑談中に、谷垣調査官が尋ねる。

「・・・家族信託?」
田中統括官は、怪訝そうな顔をする。

「ええ、納税者からの電話で・・・銀行から家族信託を勧められたので、その課税について質問があったのです・・・そもそも家族信託って何なんですか?」
谷垣調査官は、昨日の電話の内容を思い出す。

「そうだな・・・信託では、「委託者」「受託者」そして「受益者」の三者が登場することになるが、この三者が皆親族の場合、一般的にこれを『家族信託』という。」
田中統括官は、答える。

「全員が親族だから、『家族による家族のための信託(財産管理)』とも言われているね。」

そう言うと田中統括官は、谷垣調査官を見て尋ねた。

「具体的にどのようなケースの信託なの?」


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

〈小説〉『所得課税第三部門にて。』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第19話】「家族信託と贈与税納税義務」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home