Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第10話】「借地権の評価」

〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第10話】「借地権の評価」

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

〈小説〉

資産課税第三部門にて。』

【第10話】

「借地権の評価」

公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

「弁護士からよく『税法上の借地権の評価はなかなか理解できない』と聞くのですが、田中統括官はどう思われますか?」

谷垣調査官が田中統括官の席に近づいて尋ねた。
今は昼休みで、資産課税第三部門には2人しかいない。

「借地権の評価のどこが理解できないんだ?」

田中統括官はお腹をさすりながら聞き返した。先ほど食堂で大盛りのカツカレーを急いで食べたせいか、胃が少し痛い。

「ええ・・・借地人が地主に対して地代を多く払えば払うほど、借地人の土地に係る権利が少なくなるという・・・」 谷垣調査官は田中統括官の少し苦しそうな顔を見ながら言う。

「・・・それは、逆に、土地に対する権利が少ないから、地主に対して多くの地代を支払わなければならない、ということなんだろう。」

田中統括官は、机の上に置かれていた罫紙に図を描いた。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第10話】「借地権の評価」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home