Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『所得課税第三部門にて。』 【第10話】「人生100年時代と賦課方式」

〈小説〉『所得課税第三部門にて。』 【第10話】「人生100年時代と賦課方式」

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

〈小説〉

所得課税第三部門にて。』

【第10話】

「人生100年時代と賦課方式」

公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

「中尾統括官・・・賦課方式って・・・なんですか?」
浅田調査官は遠慮がちに中尾統括官に尋ねる。

昼休みで新聞を読んでいた中尾統括官は顔を上げる。
「年金制度の・・・賦課方式のことかい・・・?」


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

〈小説〉『所得課税第三部門にて。』

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連セミナー/研修

Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『所得課税第三部門にて。』 【第10話】「人生100年時代と賦課方式」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home