Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『所得課税第三部門にて。』 【第42話】「所得金額調整控除」

〈小説〉『所得課税第三部門にて。』 【第42話】「所得金額調整控除」

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

〈小説〉

所得課税第三部門にて。』

【第42話】

「所得金額調整控除」

公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

「・・・おかしいな・・・」
浅田調査官は、電卓を叩きながら、頸を傾ける。
机の上には、「令和2年分の所得税の確定申告書B」がある。

「もしかして・・・コンピュータが間違っているのかな・・・」
令和2年の確定申告書はコンピュータで計算されているので、計算ミスはないだろうと思いながらも、浅田調査官は申告書に書かれている数字を何度も検算している。

「・・・何をそんなにムキになって、電卓を叩いているんだ?」
トイレから戻った中尾統括官は、ハンカチで手を拭きながら尋ねる。

「計算が・・・合わないんですよ。」
浅田調査官の顔は、興奮して赤くなっている。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

〈小説〉『所得課税第三部門にて。』

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『所得課税第三部門にて。』 【第42話】「所得金額調整控除」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home