Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第12話】「国際税務専門官」

〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第12話】「国際税務専門官」

筆者:八ッ尾 順一

文字サイズ

〈小説〉

資産課税第三部門にて。』

【第12話】

「国際税務専門官」

公認会計士・税理士 八ッ尾 順一

 

「統括官、今度の人事異動で、資産課税第二部門の渡辺さんが、国際税務専門官に配属されましたね。」

昼休みに、谷垣調査官は田中統括官と雑談をしている。

「第二部門の渡辺君か・・・彼は英語が良くできたからな。」

田中統括官の言葉に谷垣調査官はうなずいた。

「ええ、TOEICの点数が優に800点を超えていると聞いています。」 谷垣調査官は羨ましそうに言う。

「君も英語を勉強したらどうだい? すでに僕の学生時代から・・・もう30年以上も前の話だけど・・・『英語とコンピュータをマスターしなければ、社会に出ても活躍できない』と言われていたよ。」

田中統括官は、学生時代を懐かしそうに思い浮かべる。

「渡辺君は、何年か前に、和光市にある税務大学校の国際科に行っているはずだ。そこでの研修は、国際課税の分野における、より高度な専門的知識を習得させるとともに、調査等に活用できる応用能力の向上を図ることを目的としている。・・・もっとも、研修期間は5ヶ月と短いけどね。」


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

〈小説〉『所得課税第三部門にて。』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 読み物 » 連載 » 〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第12話】「国際税務専門官」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home