Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 法人税 » 山本守之の法人税“一刀両断” 【第33回】「パーティー費用と祝金・会費」

山本守之の法人税“一刀両断” 【第33回】「パーティー費用と祝金・会費」

筆者:山本 守之

文字サイズ

山本守之

法人税 “一刀両断”

【第33回】

「パーティー費用と祝金・会費」

 

税理士 山本 守之

 

1 パーティー費用とお祝金

【事 例】

法人が創立〇周年等を記念したパーティーを催した場合に、支出したパーティー費用から招待客の持参した祝金を控除して交際費等の額を計算すべきか、又はパーティー費用の総額を交際費等とし、収受した祝金は雑益とすべきか。

裁決例、判決例では祝金控除は否定されていますが、一部の識者の間では祝金を控除すべきであるという主張もあります。

例えば、日税研論集第11号(武田昌輔氏稿)では、「創立何十周年等の祝賀パーティーの費用が交際費等に該当することはいうまでもないが、これに伴い収受した祝金を控除するかどうかである。私見としてはこれを支出交際費等から控除することが妥当であると考えるのである。」として次のような理由を挙げています。

① パーティーのためのお祝金は法律上強制はされていなくても、いわば社会的儀礼として、持参しなければならない、いわば社会的債務である。つまり、持寄的性格を有するものであって会費とみられるべきものである。

② 主催者側においても、すでに会費を招待者が持参することを前提として予算を作成しているところである。

③ 祝金は、支出側においても原則として交際費等として取り扱われているところであって、あえて、双方に対して交際費課税をすべきではない。

④ 交際費課税の趣旨からいって、このようなパーティーの費用については、あえて濫費として取り扱うとしても、そのパーティーに実際に要した費用の総額でよいはずであり、そのためには祝金を差し引くべきである。

⑤ 交際費課税の趣旨は、もともと、交際費等は費用であることを認めたうえで税法上の資本蓄積措置(企業優遇税制)に対する見返りとして採られたものであって、交際費課税は現状のような企業優遇税制が縮小されている状況からは、廃止ないし縮小すべきである。

⑥ 祝金を控除したとしても、それは企業が特別に税法上有利となるようなものではない。つまり、これを控除したとしても、課税上特別に有利になるのではなく、これが雑益として課税されることこそ不自然である。

⑦ パーティーの支出金額に対して課税し、祝金は雑益として課税するという考え方は、きわめて単純である。それは、そのパーティーの主催に支出した額は、その総額であるとして形式的に解釈し、これを譲らない。この立場に立てば、その収受した祝金は雑収入となって課税されることになる。そして、他方、会費としての収入の場合は、これを控除することを認めている。すでに述べたように、祝金は会費たる実態を備えている点からは、会費と同列にみて取り扱うことが妥当であると考える。

ただ、現実の税務執行では、祝金の支出とパーティーの開催は並列的に行われた2つの交際行為であり、祝金は記念行事の費用の一部に当てられることが予定されていたものではないので、祝金を控除すべきではないと考えられており、裁決例、判決例でもこの考え方は支持されています。

 

2 技報堂事件

技報堂事件における判決は次のようなものです。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

山本守之の法人税“一刀両断”

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 山本 守之

    (やまもと・もりゆき)

    税理士。現在、日本税務会計学会顧問、租税訴訟学会副会長(研究・提言担当)、税務会計研究学会理事、日本租税理論学会理事を務め、全国各地において講演活動を行うとともに、千葉商科大学大学院(政策研究科、博士課程)でプロジェクト・アドバイザー(専門分野の高度な学術研究、高度な実務経験を持つ有識者)として租税政策論の教鞭をとっている。研究のためOECD、EU、海外諸国の財務省、国税庁等を約30年にわたり歴訪。

    【著書】
    ・『役員給与税制の問題点-規定・判例・執行面からの検討』(中央経済社)
    ・『検証 税法上の不確定概念 (新版)』(中央経済社)
    ・『裁決事例(全部取消)による役員給与・寄附金・交際費・貸倒れ・資本的支出と修繕費』(財経詳報社)
    ・『法人税申告の実務全書』監修(日本実業出版社)
    ・『法人税の理論と実務』(中央経済社)
    ・『体系法人税法』(税務経理協会)
    ・『税金力-時代とともに「税」を読む』(中央経済社)
    ・『租税法の基礎理論』(税務経理協会)
    他、多数

関連書籍

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 法人税 » 山本守之の法人税“一刀両断” 【第33回】「パーティー費用と祝金・会費」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home