Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 日本の企業税制 【第59回】「各府省庁の要望事項からみた「平成31年度税制改正」の課題」

日本の企業税制 【第59回】「各府省庁の要望事項からみた「平成31年度税制改正」の課題」

筆者:小畑 良晴

文字サイズ

日本企業税制

【第59回】

「各府省庁の要望事項からみた「平成31年度税制改正」の課題」

 

一般社団法人日本経済団体連合会
経済基盤本部長 小畑 良晴

 

〇各府省庁からの税制改正要望事項の概況

8月末に、各府省庁からの平成31年度税制改正要望が出揃った。今回が「平成」最後の税制改正となる。

【参考】

・財務省ホームページ
平成31年度税制改正要望-各府省庁からの要望事項

・総務省ホームページ
平成31年度税制改正要望-各府省庁からの要望事項

今回の要望項目数は、単純合計で、国税228項目、地方税230項目、重複排除ベースで、国税150項目、地方税157項目であった。なお、廃止・縮減項目数は国税・地方税ともに単純合計2項目、重複排除ベース1項目であった。

今回、廃止・縮減項目として挙げられたのは、国土交通省及び復興庁が挙げたもので、「特定被災区域内において都市計画事業に準ずる事業として行う一団地の津波防災拠点市街地形成施設の整備に関する事業のために土地等を譲渡した場合における所得の特別控除の廃止(所得税、法人税、個人住民税、法人住民税、事業税)」であった。

 

〇消費税率引上げに伴う需要平準化策

来年(2019年)10月1日に消費税率の引上げを控える中、6月15日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2018」(いわゆる骨太方針)では、消費税率の引上げに併せて需要変動の平準化について「万全を期す」こととされ、具体的には、消費税率引上げ分の使い道の見直し、軽減税率制度の実施、駆け込み・反動減の平準化策、耐久消費財(自動車、住宅など)対策が掲げられていた。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

日本の企業税制

▷2019年
このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 小畑 良晴

    (おばた・よしはる)

    一般社団法人 日本経済団体連合会 経済基盤本部長

    1965年生まれ。1990年東京大学法学部卒業。同年(社)経済団体連合会(現 日本経済団体連合会)事務局入局。
    2006年経済法制グループ長 兼 税制・会計グループ副長、2009年経済基盤本部主幹、2015年より現職。
    税制、経済法規、金融・資本市場などの各委員会を担当。

    【著書】
    ・『改正会社法対応版 会社法関係法務省令 逐条実務詳解』共著(清文社)
    ・『税制改正の要点解説』共著(清文社)
    他多数

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 日本の企業税制 【第59回】「各府省庁の要望事項からみた「平成31年度税制改正」の課題」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home