Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 税効果会計 » 税効果会計を学ぶ 【第7回】「一時差異等に係る税効果の認識」

税効果会計を学ぶ 【第7回】「一時差異等に係る税効果の認識」

筆者:阿部 光成

文字サイズ

税効果会計を学ぶ

【第7回】

「一時差異等に係る税効果の認識」

 

公認会計士 阿部 光成

 

第7回となる本稿では、一時差異等に係る税効果の認識について解説を行う。
文中、意見に関する部分は、私見であることを申し添える。

 

Ⅰ 一時差異等に係る税効果の認識

税効果会計の適用に伴い、次のように会計処理される(「個別財務諸表における税効果会計に関する実務指針」(会計制度委員会報告第10号。以下「個別税効果会計実務指針」という)15項)。

 

Ⅱ 繰延税金資産の回収可能性

1 収益力に基づく課税所得の見積り

一時差異等に係る税金の額は、将来の会計期間において回収又は支払いが見込まれない税金の額を控除し、繰延税金資産又は繰延税金負債として計上しなければならない(個別税効果会計実務指針16項)。

個別税効果会計実務指針21項では、大きく分けて

① 収益力に基づく課税所得の十分性

② タックスプランニングの存在

③ 将来加算一時差異の十分性

を規定している。

我が国では、税法上、将来加算一時差異をもたらすケースはそれほど多くはない。このため、繰延税金資産の可能性を判断する際には、上記①収益力に基づく課税所得の十分性がポイントになることが多いと考えられる。

これに関して、個別税効果会計実務指針21項は次の要件を示し、課税所得が発生する可能性が高いかどうかを判断するためには、過年度の納税状況及び将来の業績予測等を総合的に勘案し、課税所得の額を合理的に見積もる必要があると述べている。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

「税効果会計を学ぶ」(全24回)

【参考記事】
「減損会計を学ぶ」(全24回)

【参考記事】
「金融商品会計を学ぶ」(全29回)

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 阿部 光成

    (あべ・みつまさ)

    公認会計士
    中央大学商学部卒業。阿部公認会計士事務所。

    現在、豊富な知識・情報力を活かし、コンサルティング業のほか各種実務セミナー講師を務める。
    企業会計基準委員会会社法対応専門委員会専門委員、日本公認会計士協会連結範囲専門委員会専門委員長、比較情報検討専門委員会専門委員長を歴任。

    主な著書に、『新会計基準の実務』(編著、中央経済社)、『企業会計における時価決定の実務』(共著、清文社)、『新しい事業報告・計算書類―経団連ひな型を参考に―〔全訂版〕』(編著、商事法務)がある。

関連セミナー/研修

Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 税効果会計 » 税効果会計を学ぶ 【第7回】「一時差異等に係る税効果の認識」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home