Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 酒井克彦の〈深読み◆租税法〉 【第44回】「混沌とした租税回避論の再整理(その2)」

酒井克彦の〈深読み◆租税法〉 【第44回】「混沌とした租税回避論の再整理(その2)」

筆者:酒井 克彦

文字サイズ

酒井克彦の

〈深読み◆租税法〉

【第44回】

「混沌とした租税回避論の再整理(その2)」

 

中央大学商学部教授・法学博士
酒井 克彦

(その1)はこちら

はじめに

Ⅰ 租税回避の定義の再確認

1 従来の租税回避の定義

2 租税回避事例 ―岩瀬事件―

3 租税回避の否認

Ⅱ 租税回避の再考

1 新しい租税軽減行為 ―りそな銀行事件―

2 「課税要件の充足を免れること」と「課税減免要件の充足を図ること」

従来の租税回避の通説的理解は、「課税要件の充足を免れて、税負担の軽減を図ること」とされてきたことは既に述べたとおりである。

そうであるとすれば、りそな銀行事件におけるX社は、課税要件の充足を免れるどころか、あえて要件の充足を図っているのであるから、従来の租税回避の定義によれば、X社の行為は「租税回避」ではないことになる。

加えて、りそな銀行事件において、最高裁が、本件取引を「制度を濫用するもの」と述べている部分にも着目しておきたい。
最高裁のこの判示については、あえて課税減免規定の要件を充足し租税負担の軽減を図る行為を租税法制度の濫用と捉え、そうした行為についても否認し得ることを示したものとの見解もあるが、この点は学説上今も争いがあるところである。

このように、「課税要件の充足を免れる」という従来の租税回避の定義を再考し、「課税減免要件の充足を図る」行為、いわば租税法制度の濫用的行為をどのように捉えるべきかが今日的な問題となっている。

3 中間概念としての租税回避

前回述べたとおり、「租税回避=課税要件の充足を免れること」という従来の定義によれば、租税回避である以上課税されないものと理解されることになる。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

酒井克彦の〈深読み◆租税法〉

(※) タイトルをクリックするとご覧いただけます。

▷日本標準産業分類から読み解く租税法解釈

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

Profession Journal » 税務・会計 » 税務 » 解説 » 酒井克彦の〈深読み◆租税法〉 【第44回】「混沌とした租税回避論の再整理(その2)」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home